公爵令嬢の恋愛入門 (ライムブックス)公爵令嬢の恋愛入門 (ライムブックス)
(2010/12/07)
キャロライン・リンデン

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
この作家さんちょっと苦手なんだよねー 「子爵の結婚する条件」は設定が好みにあわなかったし、このシリーズの1作目「ためらいの誓いを公爵と」はロマンス度が足りなかったし、なので2作目「公爵代理の麗しき災難」はパス。本作はあらすじからメロメロヒーローというのが分かっていたので読んでみることに。
ヒロインに気持ちがバレないよう押さえて押さえて耐えているメロメロヒーローでした。ヒロインは結婚を夢るみ明るい少女だったのに、不幸な結婚で引きこもり状態。前半はちょっと低めのトーンでしたね。中盤以降2人の気持ちが通じ合ってからはテンポよく読めました。ヒロイン母とヒーローおじのロマンスはゴールインしたんでしょうか?気になります。
再読率:50%
2011.05.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tatuno01045.blog9.fc2.com/tb.php/80-f2192b20