上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

麗しの男爵と愛のルール―背徳の貴公子〈3〉 (MIRA文庫)麗しの男爵と愛のルール―背徳の貴公子〈3〉 (MIRA文庫)
(2011/02/15)
サブリナ ジェフリーズ

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
予想外のヒロインでしたねー侯爵未亡人だから知的で優雅な女性かと思ったら、将軍の娘だけあって女兵士じゃないの!! ヒーローがヒロインのことを心の中で「クリスタベル大佐」というのにはうんうんと頷いてしまった。ヒーローも前作から言われているモテモテヒーローだけど、過去の愛人オンパレードを見るとエロエロヒーローといった方がいいみたいで、これは予想外というより期待はずれでしたね。そして元愛人たちがひと悶着おこすかと期待したけど、あっさり退却してしまって残念。種馬殿下にはもう少し父親らしい対応をしてほしかったな。(立派な息子が3人もいるのに。実際には何人いるのか・・・?)
これでシリーズ完結。ヒーローの中ではやっぱりドラゴン子爵が一番でした。
再読率:50%
2011.05.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tatuno01045.blog9.fc2.com/tb.php/70-025d098d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。