上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1613ページ
ナイス数:304ナイス

闇を照らす天使 (マグノリアロマンス)闇を照らす天使 (マグノリアロマンス)感想
KGIシリーズ4作目。私の好みは1、4、3、2順です。今回の話は超能力。こんな力があったらいいな~でも私はテレポート、瞬間移動のほうがいいです。なんてね爆。前作最後で行方不明になった末っ子ヒーロー、天使の声に助けられ、そして天使を助けに行き…今回は兄弟が大活躍。ママの登場が少なくて残念だけど兄弟愛が凄いです。終盤ヒロインを助ける義姉達に拍手。彼女達も過酷な時を経験しているからね。次作はリオ。ヒロインはあの人。超能力の話は嫌いじゃないけど次作で終りにしてほしいな。
読了日:6月16日 著者:マヤ・バンクス,MayaBanks
心やさしき逃亡者 (マグノリアロマンス)心やさしき逃亡者 (マグノリアロマンス)感想
KGIシリーズ3作目。2作目が好じゃなかったので長く放置していたが4作目が出たので発掘。意外や抵抗なくトントンと読めた。ヒロインがどんな状況で被害を受けたか詳しい描写はないが、空っぽになってしまったところは痛かった。そんなヒロインの事情を察知して守るというか包み込む様なヒーロー、メロメロでナイスでした。前作のH/Hの出産騒動や異端児ラスティの問題では母性溢れるママが大活躍。
読了日:6月14日 著者:マヤ・バンクス
時のかけらを紡いで (ヴィレッジブックス)時のかけらを紡いで (ヴィレッジブックス)感想
作家さんお得意の風変わりなヒロインと冷酷と言われる伯爵ヒーローの話。風変わりなヒロインは嫌いじゃないんだけど今回のヒロインにはイライラさせられた。ヒーローの冷酷の理由もイマイチはっきりしないし、ヒーロー妹はカレと?かしら?。犯人は捕まったけどそれ以外は未解決(本題じゃないから)でスルーされちゃった感じ。初期作だからね…
読了日:6月10日 著者:アマンダ・クイック

読書メーター

2016.07.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tatuno01045.blog9.fc2.com/tb.php/396-6b3e8c7b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。