灰色の伯爵 (ハーレクイン文庫)灰色の伯爵 (ハーレクイン文庫)
(2010/07/01)
パトリシア・F. ローエル

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
初めて読む作家さんでした。詳しい説明がない所があって、それがつい気になっちゃうのだけど・・・
ヒーローはまったく感情を表さない人だけど、実はヒロインにメロメロで以前ダンスをした時から坦々とチャンスを狙っていたんですね。けして傲慢ではないけどなかなかの策士です。ヒロインもヒーローを恐れながらも楽しく過ごしていて伯爵夫人という役割を楽しんでいます。そこへサスペンが! あれは何だったの?聖母といわれた母のせいで精神異常者になったのかしら?いま一つ繋がりが理解できなかったわ。
ところでタイトルの灰色は、洋服や寝室が灰色で灰色好きだからなの?
ヒーローの妹はあの人と結婚したのかしら?
そして放蕩の甥っ子は改心したのかしら?
それは「ダイアナの秘密」で解き明かされます。読むのが楽しみ♪
再読率:50%
購入価格:360円
2012.06.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tatuno01045.blog9.fc2.com/tb.php/235-c7593228