上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

恋物語の悪役をあなたに (RHブックス・プラス)恋物語の悪役をあなたに (RHブックス・プラス)
(2011/04/09)
マーガレット ムーア

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
読んでから時間がたってしまったのと、期待した内容でなかったので・・・
目の上のたんこぶヒロインにヒーローは突然恋しちゃっていきなりの展開にビックリ!

歪んだ教育方針の両親に育てられ孤独な少年時代を送ったヒーロー。同級生からは悪意ある噂を流されて放蕩者を演じているが、実は高潔な人でそこをヒロインは見抜いていたのよね。でもヒロインは公爵令嬢で稟とした所があるけど、田舎育ちで社交界デビューもしていないし、人生経験が乏しいのに小説家を志すってちょっと無理じゃないの?

登場したヒーロー友人の話もあります。出版が変則的で・・・1社からだしてよ。
#2「薔薇のキスであなたを」 伯爵家次男ブリックス RHブックスプラスより出版(2011.5)
#3「あのキスの記憶」 弁護士ドゥルーリー ハーレクインより出版(2009.9)
#4「幕開けは子爵のキスで」蜘蛛学者バギー ハーレクインより出版(2011.12)
#5? もう一人の友人 大尉チャーリーは本国ても未定
再読率:0%
購入金額:439円
2012.02.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tatuno01045.blog9.fc2.com/tb.php/200-a4420062
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。