想いを秘めたプリンセス (扶桑社ロマンス)想いを秘めたプリンセス (扶桑社ロマンス)
(2011/09/01)
クレア・デラクロワ

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
1171年の話。この時代の設定だとは大体が領地めぐって争っていて、そこにロマンスが絡まってくるというのがパターン化されているけど、この話の場合、ヒーロー父がヒロイン父の領地を占領した直後から始まり、戦いの場面はありません。ヒーローは騎士であることをやめて、故郷の領地を管理しています。そのためギラギラしたところがなく、ヒロインとのんびりと愛を育んでいく話です。多少残虐な場面もあるけど当初から惹かれあっているH/H、言い争ったりもするけど全編を通してイチャイチャしています。ゆったりとした気持ちで読めて満足な一冊でした。
再読率:100%
購入価格:550円
2011.11.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tatuno01045.blog9.fc2.com/tb.php/171-be8f1bfe