上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

公爵のためらい (ハーレクイン文庫)公爵のためらい (ハーレクイン文庫)
(2011/08)
マーガレット ムーア

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
おしい! 設定はよくて好きなんだけど。  
あらすじに書いてある通りヒロインにはヒーローの子供(娘)がいます。
ヒーローもヒロインもすごく純粋な人です。しかし家庭環境や出生の秘密等で互い虚しい思いをしていました。そんな2人が出会いヒロインはヒーローを誘惑するのです。ヒロインは恥ずかしさから立ち去り、ヒーローは捨てられたと思い大陸に逃げてしまいます。そして10年後再会、ヒーローは娘の存在に気が付いてヒロインを追いかけるのですが・・・
放蕩者と言われたヒーローが、娘の存在を素直に喜んでいて相思相愛のウルウルするいい設定なのに、ヒロインからある事情で二度と会えないと言われるとヒーローはあっさり立ち去ってしまのには驚いた。ページ数の都合なのかとにかく展開が早い! もっとじっくり読ませてほしいところを強引に次の場面に引っ張っていくので軽い話になってしまっている。フラストレーションがたまる話だったー残念!
再読率:20%
購入価格:448円
2011.10.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tatuno01045.blog9.fc2.com/tb.php/152-79e17f2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。