甘いリフレイン (シルエット・スペシャル・エディション (N496))
<あらすじ>クールでセクシーで、ときに情熱的な天才ピアニスト、バネッサ・サクストン。それが彼女だった。というより、父親がつくりあげたバネッサのイメージだった。16歳のとき父とともに故郷の町を離れて以来、ピアノの練習と演奏活動にあけくれてきた。だか、数か月前に父が亡くなってからというもの、自分がわからなくなってしまった。そして今、バネッサは生まれた町に帰ってきた。自分を見つけるためと、12年前に別れた母親との失われた絆を求めて。けれど、まさか高校時代のBF、ブレディに、再び心を乱されるとは思ってもみなかった。かつて私をダンスパーティーに誘いながら、彼はすっぽかしたのだ。

あらすじから分かるようにヒロインは父親の操り人形でまったく魅力を感じなかったです。16歳から12年間も父親を喜ばせたいという思いから閉ざされた世界にいて、恋愛はもちろん友人すらいない人が情熱的にピアノを弾けるはずないし、タイトルの数個で世界を魅了する天才ピアニストになれるほど甘い世界じゃないと思う。これを言ったら話は成り立たないけど~ 自分を見つけるためと言いながらもヒロインは心を閉ざしたまま。でも故郷は優しかったー母親もヒーローも被害者だつたのに。ヒーローは辛抱強くヒロインが自分を取り戻すのを待っていました。もちろんパッピーエンドで終わりますがヒロインのギスギスした感じが8割がたを占めていて楽しめなかったな~  「愛の国コルディナ」のガブリエラ王女が登場し王室のその後がチラっとわかります。
再読率:0%
購入価格:240円

                    
しばらくサボっていた読書メーターの本棚を整理しました。スッキリ! ついでに本物の本棚も整理してこちらもスッキリ!  今年発売のハーレ28冊をお嫁に出したら3900円だったけど相場的にどうなのかよく分からないわ
2011.09.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tatuno01045.blog9.fc2.com/tb.php/133-b95b7e38