猛き戦士のベッドで (扶桑社ロマンス)猛き戦士のベッドで (扶桑社ロマンス)
(2012/06/01)
メアリー・ワイン

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
気高き花嫁たちシリーズ第2弾。前作以上にヒロインにメロメロなヒーローですが、少年のような茶目っ気さを持ちつつも屈強な戦士です。ヒロインは父や兄(長男、次男)に虐げられているのに、氏族への忠誠と教会の教えを守ろうとするまさに気高き女性です。(ちょっと頑固すぎるけど)
初対面から惹かれあっているのに、敵対する氏族の二人はヒロインが頑固なため中々かみ合いません。お互いを認め合い受け入れていく過程を中心にホットシーン満載のストーリーです。
次作はヒロインの兄(三男)がヒーローです。原作はここでましか出版されていませんが気になる伏せんが・・・
再読率:100%
購入価格:定価
2012.06.06 / Top↑

見知らぬ人のベッドで (扶桑社ロマンス)見知らぬ人のベッドで (扶桑社ロマンス)
(2011/04/27)
メアリー・ワイン

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
タイトルや表紙を見るとコンテンポラリーと思えてしまうけどヒストリカルです。
ヒーローは私の好きなスコットランドの伯爵=ハイランダーとわくわくして読み出したら、キルトこそ着けているけどハイランダーではなくてガックリ でもこれぞスコットランドの男の香りムンムンのヒーローでした。ヒロインは庶子だけど父の城で母や妹弟と暮らしていて、正妻にいじめられつつも一般的な庶子よりは恵まれています。 初対面こそお互い探りあっていたけど、あっという間にラブラブな2人で最後の50ページくらいまでその調子です。いったいどこで決着つけるのかと思ったらあっけなかったですねー そこそこ面白いけどこれといった山場がないので物足りないです。
再読率:50%
2011.05.11 / Top↑