侯爵に甘いキスの作法 (ラスベリーブックス)侯爵に甘いキスの作法 (ラスベリーブックス)
(2011/05/10)
ローラ・リー・ガーク

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
ガール・バチェラーシリーズ3作目。少年のころからヒロインにメロメロだったのに使用人とは釣り合わないと、ヒロインを拒絶してしまうヒーロー。そんなヒーローの態度に傷ついたヒロインは・・・
前作ではヒーローの嘘がいつばれるがワクワクしながら読んだけど、真面目、堅物、厳格な侯爵ヒーローがいつメロメロぶりを披露するか楽しみだったが、展開が遅くてイライラした。終始悶々とするヒーローの割にはあっさりと終わっちゃって、もっとデレデレしたところを見せてほしかった。ヒロインの作るスウィーツは読んでいてう~ん毒だわ。このヒロイン最後は店はどうでもいいと考えていましたが続けるのでしょうか?次作に出てくることを期待します。
このシリーズはスピンも含めて7作まであるようですが、独身女性はまだまだいます。次作ヒロインって誰かしら?
再読率:80%
購入価格:400円
2011.07.27 / Top↑

不埒な公爵のキスの作法 (ラズベリーブックス)不埒な公爵のキスの作法 (ラズベリーブックス)
(2010/12/10)
ローラ・リー・ガーク

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
ガール・バチェラーシリーズの2作目。1作目「淑女にささげるキスの作法」はあらすじからヒーローが好きになれなかったので未読。2作目から読んでも特に問題なし。
私はこのヒーローのことを誤解していたわ。爵位を受け継いだら借金まみれでにっちもさっちもいかなくて、仕方なく女相続人と結婚を考えたと思っていたのに・・・ 何だすでにお前自身も破産していたのか!! この時点でもうヒーローではなくなってしまいました。しかもP.72で食事代を踏み倒すことを自慢げに<`~´> お~いフィレステーキなんて食べてないで働け!!  不埒どころか悪党、いやいや犯罪者です。
こんな犯(まあいいか)とんでもないヒーローでもヒロインに惹かれていって意外とかわいいじゃないの。ヒロインも一人で生きてきて、世の中のことが分かっているはずなのにボンヤリさんでした。しかし最後はビシッとヒーローにしてやりました。読んでいてスッキリ(*^^)v
再読率:50%
購入価格:450円
2011.07.27 / Top↑