上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

危険な愛の行く手に (マグノリアロマンス)危険な愛の行く手に (マグノリアロマンス)
(2012/06/08)
マヤ・バンクス

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
大丈夫かKGI? バレバレのスーパーエリート集団。かなり無理な設定、展開だけどアクション、サスペンス満載。
ヒロインはかなり異常な環境で成長してきたけど、まともな思考でヒーローとお腹の子を守ろうとする精神的にタフな女性。ヒーローは前作では知的、冷静といった印象だったけどメロメロヒーローに成り下がっていたのでガッカリ。しかしヒロインが下着を要求した時のヒーローのあわてぶりというか怯えぶりに爆笑してしまった。
次作は次男。今年中に出してほしいな~
再読率:50%
購入価格:定価
スポンサーサイト
2012.06.11 / Top↑

心があなたを忘れても―我が一族アネタキス〈1〉 (ハーレクイン・ディザイア)心があなたを忘れても―我が一族アネタキス〈1〉 (ハーレクイン・ディザイア)
(2011/03)
マヤ バンクス

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
記憶を無くしたヒロインの苦しい気持ちは涙を誘います。ロマンス的にはお決まりの展開。しかし誘拐、不正行為に疑問続出の展開。これは訳カットなのか? Hotシーン重視(?)の作家さんの力量なのか? 期待していただけに残念。それにしてもこの3兄弟、経営者として大丈夫?
#2「後見人を振り向かせる方法」次男
#3「一夜の夢がさめたとき」三男
再読率:20%
購入価格:360円(アマゾンだと1500円くらいしていた)
2012.04.12 / Top↑

愛のあやまちは舞踏会の夜に (マグノリアロマンス)愛のあやまちは舞踏会の夜に (マグノリアロマンス)
(2012/01/10)
マヤ ローデイル

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
ヒロインはアメリカ人なので堅苦しくなくてよい。ヒーローは理不尽な扱いをされてきたにも関わらず好青年。しかしヒーロー双子の兄は酷かった・・・腐りきった人間って感じ。しかしこの兄の話があるらしい。日本での出版は未定だけど、ヒーローとして受け入れられないわ!
再読率:50%
購入価格:445円
2012.03.30 / Top↑

二度目のチャンスをあなたと (マグノリアロマンス)二度目のチャンスをあなたと (マグノリアロマンス)
(2011/08/09)
マヤ・バンクス

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
初マヤ・バンクスよかったーおもしろかったー マヤ・バンクスってどうしても複数男子対女子ひとりを想像してしまう、特に今回は6人兄弟だし。でも1対1だよと聞いたので早速・・・ 親子、兄弟、夫婦、友人、愛がいっぱい溢れていました。ヒロインの受けたキズはかなり重い、読んでいてウルウルしてしまいました。ヒロインのその後が気になります。次作以降に期待です。 ロマンス、サスペンス、アクションの割合がバランスよくて一気読みでした。しかし息子が6人! お母さんあなたは偉い! 食費はいったいいくらかかるんだか?
再読率:100%
購入価格:500円
2011.10.14 / Top↑

身分違いの恋は公爵と (マグノリアロマンス)身分違いの恋は公爵と (マグノリアロマンス)
(2011/07/08)
マヤ・ローデイル

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
コミカルともとれる変わった作風のため苦手な人もいるかも? 私は平気、深く突き詰めないので楽しく読めました。ヒーローは爵位に対して誠実でいい人なんだけど、真面目すぎてがんじがらめに。ヒーロー母の後押しが無かったらどうなっていたことやら。ヒロインは深窓のお嬢様じゃないから自立するところがいい。スキャンダルのために皮肉っぽいところがあるけど、それが逆にかわいかった。しかし終盤はドタバタで終わってしまって残念。ヒーローがもっとデレデレしているところが読みたかった。
この話にスピンはないのかな~?ヒロインの親友の男爵未亡人や新聞社の経営者も気になる存在でした。
再読率:80%
購入価格:420円
2011.08.23 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。