上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

オニキスは誘惑の囁き (MIRA文庫)オニキスは誘惑の囁き (MIRA文庫)
(2013/01)
シャーロット フェザーストーン

商品詳細を見る

いや~面白かった。表紙の女性が怖いしあらすじからもパスと思っていたけどすごく良かった。
ちょっと陰のあるヒーローが最初っからメロメロ・デレデレヒーロー全開。ヒロインは一瞬で悩殺されてちゃってます。ロマンス部分も充実しているけどメインの部分はなかなか。次作持ち越しで最後まで読みたくなります。次作のH/Hはあの二人。じゃ3話のH/Hは?あの人とあの人(ヒロインの方が年上か?)
スポンサーサイト
2013.06.07 / Top↑

いつも愛を胸に (ハーレクイン・イマージュ)いつも愛を胸に (ハーレクイン・イマージュ)
(2004/09)
ジェニファー テイラー

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
再会物。ヒーローは裕福な出だが家族愛には恵まれず孤独な人。ヒロインを失いたくないばかりに束縛するが、決定的な現場を押さえ離婚する。3年後、復讐するためヒロインの前に現れる。その決定的な場面もヒーローの勝手な思い込みで、巻き込まれたヒーロー弟はいい迷惑。離婚したヒロインを助け秘かに思いを寄せていたのに・・・。もちろん結末は元さやハッピーエンド。しかし弟のことを思うと複雑な気持ちになります。
再読率:10%
購入価格:230円
2012.09.11 / Top↑

危険すぎる恋 (ハーレクイン・イマージュ)危険すぎる恋 (ハーレクイン・イマージュ)
(2006/11)
ジェニファー テイラー

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
復讐のためにヒーローに近づいたヒロインと、そうとは知らずにヒロインを愛してしまったヒーローの再会物。アフリカでの医療支援で再会した二人。ヒーローはチームリーダーらしく冷静の対処してほしいがヒロインの仕打ちが忘れられず怒っている。が、今でもヒロインへの思いも捨てきれずにウジウジもしている。なんか女々しいヒーローでした。それが最後10ページでいきなり好転。こんなにあっさりパッピーエントの展開でいいのか!まぁヒロインも最初からヒーローを愛していて、復讐したことで苦しんだのだからいいか・・・
再読率:50%
購入価格:251円
2012.09.04 / Top↑

シチリアの空と秘密 (ハーレクイン・ロマンス)シチリアの空と秘密 (ハーレクイン・ロマンス)
(2012/02/03)
ジェイン ポーター

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
シチリアの元マフィアの息子と組織を裏切ったアメリカギャングの娘の話。証人保護プログラムとかマフィアとギャングの繋がりとか日本人感覚ではついていけない設定。ヒロインは精神的に強い女性だけど、どれが素のヒロインなのかよく分からない。逃げて生きてきたから問題が起きるとすぐ逃げようとする。もっと問題と闘ってほしかった。
犯人はヒロイン父の敵?なんだろうけど登場が中途半端。
再読率:10%
購入価格:定価690円
2012.09.03 / Top↑

愛していると言わないで (MIRA文庫)愛していると言わないで (MIRA文庫)
(2012/06/15)
ジーナ グレイ

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
あらすじから想像したヒロインと180度違った!明るく活発でユーモアがあって、セクシーというよりエロチックな下着やナイティが大好きなヒロイン。でも何も言わずに去って行った夫(幼馴染み)の仕打ちで恋愛に臆病になっている。ヒーローはそんなヒロインに一目ぼれ。押したり引いたり、あの手この手で口説き落とす過程がおもしろい。ヒーロー会社経営37歳。19歳で父親に。口髭にスリーピース姿っていうのが想像できない。
再読率:80%
購入価格:251円
2012.08.28 / Top↑

求婚のワルツは真夜中に (ラズベリーブックス)求婚のワルツは真夜中に (ラズベリーブックス)
(2012/08/10)
ジュリア・クイン

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
文学かぶれだけど気取ったところのないヒロインと、戦争中の出来後に苦しむヒーローの話。お互い惹かれあっているのに行きつ戻りつの展開はちょっと中だるみ?でもヒロインのヒーロー一筋なところはよかったし、ヒーローも吹っ切れた後は遠慮なくメロメロしてました。前作のH/Hをはじめ親、兄弟が多数登場しますが、ヒロインの付添人の女性が一番good。でも全体的にいつものクイン節よりトーンダウンしていました。次作も早く邦訳されますように。
再読率:50%
購入価格:定価
2012.08.16 / Top↑

瞳の中の切望 (ハーレクイン・イマージュ)瞳の中の切望 (ハーレクイン・イマージュ)
(2008/09)
ジェニファー テイラー

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
恋人に捨てられ傷心のヒロインと、ヒロインの元恋人であり上司のヒーローの話。二人とも医師。今でも惹かれあっているのに、ヒロインの出世のためヒーローは捨てた本当の理由を明かさず、体だけの関係を求めてくる。ヒロインも割り切って関係を持つが二人ともとっても幸せそう。このままハッピーエンド!!といかないのがハーレ。毒婦の刃がヒロインに。ヒロインは医師としても女性としても素敵な人。ヒロインを信用して秘密を早く打ち明けていたらな~と思わずにいられません。I-1924「キプロスの花嫁」はヒロイン双子の姉の話。
再読率:50%
購入価格:251円
2012.08.13 / Top↑

キプロスの花嫁 (ハーレクイン・イマージュ)キプロスの花嫁 (ハーレクイン・イマージュ)
(2008/02)
ジェニファー テイラー

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
恋人を追いかけてキプロスに来た看護師ヒロインと、従弟につきまとう女とヒロインのことを誤解している医師ヒーローの話。従弟一家に恩義があるとはいえ、医師としても女性に対しても怠慢な従弟を庇い続けるヒーローの気かしれない。ちょっと暗~い雰囲気のヒーローだけど仕事にもヒロインにも誠実。従弟が最悪なだけにヒーローが素敵に見えるのかも? I-1965「瞳の中の切望」はヒロインの双子の妹の話。
再読率:50%
購入価格:251円
2012.08.13 / Top↑

雨の夜の記憶 (ハーレクイン・イマージュ)雨の夜の記憶 (ハーレクイン・イマージュ)
(2008/08)
ジョージー メトカーフ

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
記憶喪失&再会物。事故直前の忌まわしい出来事にうなされているシングルマザーのヒロインと、ヒロインに捨てられたと思っているヒーローの話。
ヒロインが事故に遭い記憶をなくしていることをヒーローに告げていないのでちょっとイライラ。ヒロイン娘の病気やヒロインの出生の秘密等盛りだくさんの展開でロマンス的に物足りなかった。ヒーローがあの時もっとヒロインを探していたらと思ってしまいます。
再読率:20%
購入価格:251円
2012.07.12 / Top↑

すみれの瞳に公爵のキスを (ラズベリーブックス)すみれの瞳に公爵のキスを (ラズベリーブックス)
(2012/02/10)
ジュリア・クイン

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
ジュリア・クインの処女作。本人曰く「洗練されていない」とありますが、たしかに荒削りな部分も。でも十分面白いと思います。ストーリーはシンプルな展開なので先が読めちゃうけど、キャラクターの設定がおもしろくさすがジュリア様。
関連作があるのでトントンと出してほいしです。
#2「ヒロインの従妹の話」
#3「ヒーローの親友の話」
#アンソロジー「ヒロインの従兄(#2の兄)の話」
再読率:100%
購入価格:1050円

2012.02.15 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。