上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

待ちきれなくて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)待ちきれなくて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
(2011/08/22)
リンゼイ・サンズ

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照

いつもふたりきりで (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)の天然キャラのヒロインがかわいく、ほのぼのした雰囲気が好きなので期待していたらこちらの評価はいま一つ? コミカルを通り越してコメディ満載のロマンスでした。力を抜いて読んだのでそれなりにおもしろかった! 自立を目指すヒロインはかわいいけど、こんなに痛い目に遭うヒロインははじめて。本人も充分自覚しているのに懲りてないし・・・ ヒーローは堅物、高潔だけどいい人どまりでヒロインの前では影がうす~いのが残念。しかし懲りずに3回も目撃されてしまうのは ヴィヴ叔母さんの「坊や。 しまいなさい!」には大笑い。叔母さん全然動じないのはステキ 最後がバタバタと終わってしまってちょっと物足りない。でも最後まで懲りないH/Hでした。 ヒーロー友人のマリン卿のロマンスもあったらいいな~
再読率:80%
購入価格:450円
スポンサーサイト
2011.10.21 / Top↑

ハイランドで眠る夜は (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)ハイランドで眠る夜は (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
(2010/09/17)
リンゼイ・サンズ

商品詳細を見る

ジュリー・ガーウッドのようなハイランダー物かと思っていたがライトな設定。過酷な移動や荒々しい風景・気候といったものの描写はない。 ヒロインは天然ボケなのか衝動的なのか、無口で無骨なヒーローといい組み合わせ。過去にまつわる事件の真相は後味わるい。あのいじわるな継母とはもうひと悶着あるかと思ったのに・・・修道院にでも入れてしまえ!! シリーズは後2冊あるようだか今回名前しか出てこなかったヒロイン兄はどうなるの?
2011.02.07 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。