上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

プリンスを待ちわびて (RHブックス・プラス)プリンスを待ちわびて (RHブックス・プラス)
(2011/06/11)
ヴィクトリア アレクサンダー

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
エフィントン家シリーズ第4弾
前作ヒロインの妹と同じくヒーローの友人のロマンス。前作でそれぞれ登場するものの一瞬からんだだけ。ヒロインは自分が美しいことを自覚していて、プリンスと結婚することを目標としている。ゆえにちょっとイヤな性格。前半は鼻もちならない女だった。 そんなヒロインでもヒーローは一生懸命守ろうとするいいヤツなんだけど、元スパイにしてはいま一つ頼りなげ。ヒーロー祖母と継伯父の切ないロマンスの方が気になった。
前作よりはテンポよく読めたけどう~んヒロインの無神経な言葉が気に入らない。
再読率:30%
購入価格:420円
スポンサーサイト
2012.02.28 / Top↑

伯爵令嬢のあやうい冒険 (RHブックス・プラス)伯爵令嬢のあやうい冒険 (RHブックス・プラス)
(2010/07/09)
ヴィクトリア アレクサンダー

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
エフィントン家シリーズ第3弾。
文学かぶれのヒロインは小説の中のヒーローたちに憧れ冒険を夢見ている。そんなヒロインを最初はかわいと思ったけど世間知らずの上に頑固なので疲れたよ。ヒーローも放蕩者と言われていても愛人はいないし、女性と戯れることもないので違和感が。その上本人は大真面目だけど、お馬鹿な計画を度々立てるので周りは振り回されていい迷惑。こんな格好悪いヒーローは初めてだったわ。
私個人としてはヒロインの小説を掲載した新聞社の経営者が気になった。この人ベッキーとにならないかな~
再読率:30%
購入価格:450円
2012.02.23 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。