上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

幕開けは子爵のキスで (ハーレクイン・ヒストリカルスペシャル)幕開けは子爵のキスで (ハーレクイン・ヒストリカルスペシャル)
(2011/12/27)
マーガレット ムーア

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
変則的な出版でとっても残念。関連作の明記がないけど実はシリーズ4作目です。
#1「恋物語の悪役をあなたに」#2「薔薇のキスであなたを」(共にRHブックス)#3「あのキスの記憶」(ハーレクイン)が本書ヒーローの友人達のロマンス。
バギー(ヒーロー)は「ジャスティニアン」が本名なんだ!というのが最初の感想。「恋物語~」を読んだ時から私は心の中で「蜘蛛学者」と読んでいたのでビックリ。
このヒーロー真面目で放蕩とは縁のない「蜘蛛命」の世捨て人かと思っていたけど正常な男性でした。#1でちらっと登場、#2で存在感が出てきて、#3(未読)ではかなり活躍している。あのバギーがどんなロマンスを?とい思い流れで読んでいかないと、この話だけ読んでも友人達との関係や、父親との確執とか意味が分からず面白くないかも。
ヒロインはしかたなかったとは云え、ちょっとずうずしいのではと思うところもあり。ロマンス面は突っ込みたいところもあるけど最後は大団円で終わります。
もう一人の友人の話を期待するけど本国でも出版未定。しかし本書を読むとハッピーな様子なのでそっとしておいてあげたい気になります。
再読率:30%
購入価格:418円
スポンサーサイト
2012.03.25 / Top↑

薔薇のキスであなたを (RHブックス・プラス)薔薇のキスであなたを (RHブックス・プラス)
(2011/05/11)
マーガレット ムーア

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
これも読んで時間がたっている・・・
ヒロインもヒーローも家族には恵まれていなくて可哀そう。でもこの二人は社交界に騒動を巻き散らかしただけだった。
登場したヒーロー友人の話もあります。出版が変則的で・・・1社からだしてよ。
#1「恋物語の悪役をあなたに」 子爵エドモンド RHブックスプラスより出版(2011.4)
#3「あのキスの記憶」 弁護士ドゥルーリー ハーレクインより出版(2009.9)
#4「幕開けは子爵のキスで」蜘蛛学者バギー ハーレクインより出版(2011.12)
#5? もう一人の友人 大尉チャーリーは本国でも未定

再読率:0%
購入金額:400円
2012.02.21 / Top↑

恋物語の悪役をあなたに (RHブックス・プラス)恋物語の悪役をあなたに (RHブックス・プラス)
(2011/04/09)
マーガレット ムーア

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
読んでから時間がたってしまったのと、期待した内容でなかったので・・・
目の上のたんこぶヒロインにヒーローは突然恋しちゃっていきなりの展開にビックリ!

歪んだ教育方針の両親に育てられ孤独な少年時代を送ったヒーロー。同級生からは悪意ある噂を流されて放蕩者を演じているが、実は高潔な人でそこをヒロインは見抜いていたのよね。でもヒロインは公爵令嬢で稟とした所があるけど、田舎育ちで社交界デビューもしていないし、人生経験が乏しいのに小説家を志すってちょっと無理じゃないの?

登場したヒーロー友人の話もあります。出版が変則的で・・・1社からだしてよ。
#2「薔薇のキスであなたを」 伯爵家次男ブリックス RHブックスプラスより出版(2011.5)
#3「あのキスの記憶」 弁護士ドゥルーリー ハーレクインより出版(2009.9)
#4「幕開けは子爵のキスで」蜘蛛学者バギー ハーレクインより出版(2011.12)
#5? もう一人の友人 大尉チャーリーは本国ても未定
再読率:0%
購入金額:439円
2012.02.21 / Top↑

公爵のためらい (ハーレクイン文庫)公爵のためらい (ハーレクイン文庫)
(2011/08)
マーガレット ムーア

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
おしい! 設定はよくて好きなんだけど。  
あらすじに書いてある通りヒロインにはヒーローの子供(娘)がいます。
ヒーローもヒロインもすごく純粋な人です。しかし家庭環境や出生の秘密等で互い虚しい思いをしていました。そんな2人が出会いヒロインはヒーローを誘惑するのです。ヒロインは恥ずかしさから立ち去り、ヒーローは捨てられたと思い大陸に逃げてしまいます。そして10年後再会、ヒーローは娘の存在に気が付いてヒロインを追いかけるのですが・・・
放蕩者と言われたヒーローが、娘の存在を素直に喜んでいて相思相愛のウルウルするいい設定なのに、ヒロインからある事情で二度と会えないと言われるとヒーローはあっさり立ち去ってしまのには驚いた。ページ数の都合なのかとにかく展開が早い! もっとじっくり読ませてほしいところを強引に次の場面に引っ張っていくので軽い話になってしまっている。フラストレーションがたまる話だったー残念!
再読率:20%
購入価格:448円
2011.10.17 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。