上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

孤高の大富豪 (ハーレクイン・イマージュ)孤高の大富豪 (ハーレクイン・イマージュ)
(2012/08/10)
マーガレット ウェイ

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
大富豪の孫娘とその大富豪の後援で今は大富豪となった元孤児のヒーローのロマンス。H/Hが少年少女のころ運命的に出会い惹かれあうが、ヒロイン祖父から無言ながらも身分違いを示されヒロインを避けるヒーロー。ヒロインはヒーローに想いを伝えるが、過去の経験からか素直にヒロインの愛を受け入れられない。ヒロイン頑張ったよ。辛抱つよかったよ。
再読率:50%
購入価格:定価690円
スポンサーサイト
2012.08.23 / Top↑

白百合の令嬢 (ハーレクイン・イマージュ)白百合の令嬢 (ハーレクイン・イマージュ)
(2012/06/01)
マーガレット ウェイ

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
150P足らずのハーレクインでここまで壮大な設定にしなくてもと言いたい。ことは第二次大戦末期に始まりるのですが・・・
身分を隠して一人で生きてきたヒロインはたくましいな~でも大富豪の紳士と知り合って心の安らぎを得たっていいじゃないの。そこにヒーローが登場。伯父を守るためと言いつつメロメロになっていくヒーロー。もちろんヒロインも。
ヒーローのことを「成り上がり者」と言うヒロインあっぱれです。でも本当だから・・・
ヒロインのことをうさん臭く思っていたヒーロー両親もヒロインの秘密を知るとコロッと友好的、協力的になっちゃってやっぱり「成り上がり者」?
後半バタバタで終わってしまってあの壮大な設定がもったいない。
再読率:30%
購入価格:定価
2012.05.29 / Top↑

初恋の夢のあとで (ハーレクイン・イマージュ)初恋の夢のあとで (ハーレクイン・イマージュ)
(2011/12/27)
マーガレット ウェイ

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
R-1792「きみという名の魔法」に似ている話です。
このヒロインの神経を疑う! あんなことをした男と結婚するか~? 選択肢がそれしかなかったの? 別な方法があったと思うんだけど・・・ 出だしから好感の持てないヒロインです。 しかし1つの話の中にこれほど毒女が登場するのは珍しい。ヒーローに熱を上げる部下の女性、ヒロインの亡き夫の妹と母親、そして最悪なのはヒロインの母親です。この母親がいてはヒロインがあんな選択をしたのもしかたないのかも。
当然最後はハッピーエンドですがすっきりしない終わりかたです。せっかく作家買いしたのに期待はずれ 
再読率:20%
購入価格:定価690円
2012.01.12 / Top↑

世界の果ての恋―愛に戸惑う娘たち〈8〉 (ハーレクイン・ロマンス)世界の果ての恋―愛に戸惑う娘たち〈8〉 (ハーレクイン・ロマンス)
(2011/10/28)
マーガレット ウェイ

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
シリーズ最終話にして作家買いしたため、ストーリーの全体像がよく分からない? 大富豪の父親には8人の娘がいて贅沢に暮らしてきたけど苦労しなさいと放り出し・・・という事かしら? 過去作のあらすじも確認しないまま読みはじめてビックリ今回のヒロインが長女で28歳、双子の次女を除いて6人の妹が。末っ子はなんと20歳。事情はあるようですがほぼ毎年娘が生まれている計算になります。とんでもないエロおやじです
宿敵といってもいい過去に因縁のあるH/H。いつものマーガレット・ウェイのヒーローは実業家のイメージの方がが強い牧場主だけど、このヒーローはカウボーイのイメージが強い実業家でした。言葉使いが荒っぽいからかしら? 父親の愛を得るためにお堅い長女を演じてきたヒロインが、豊かな自然や心を開いて話せる女性に囲まれて精神的に自由になれたのはよかったです。しかしヒーローの元妻の行動はよく分からない? 性悪女なのは間違いないですが。
再読率:30%
購入価格:定価690円
2011.10.28 / Top↑

地上のエデン〈上〉 (ハーレクイン・イマージュ)地上のエデン〈上〉 (ハーレクイン・イマージュ)
(2011/10/01)
マーガレット ウェイ

商品詳細を見る


地上のエデン〈下〉 (ハーレクイン・イマージュ)地上のエデン〈下〉 (ハーレクイン・イマージュ)
(2011/10/01)
マーガレット ウェイ

商品詳細を見る

<あらすじ>↑参照
メロドラマ顔負け愛憎劇。婚約者を棄ててろくでなし(ヒロイン父)と結婚したヒロイン母。亡き弟を異常なくらい溺愛するヒーロー叔母。ヒロインを崇拝する従兄。義妹であるヒロイン母に想いを寄せる伯父。と書きかれないくらいドロドロと複雑設定です。なのでロマンス感はすっごく低いです。 2004年に出ている愛と裏切りの大地Ⅲ「傷ついた妖精」のH/Hは今回のH/Hの友人です。2010年に出ている「赤い砂漠の契り」のH/Hにもちらっと触れています。
再読率:80%
購入価格:定価各690円
2011.09.29 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。